診療案内

当院での診療について

一般眼科

一般眼科| 沖津眼科クリニック

些細な事でも遠慮なさらず、お気軽にご相談下さい

目の健康はこころとからだの健康につながります。目が見えにくくなると、どうしても引きこもりがちとなり、認知症やうつ・・・そして運動機能の低下、内臓機能の低下と、どんどん心身共に弱っていってしまいます。また、逆に糖尿病や高血圧といった全身疾患より眼症状が生じ、さらに悪循環となるケースも多くあります。これらはかなり症状が進行するまで痛みもなくよく見えます・・・。自覚症状に頼っていると、知らずに病気が進行してしまうかもしれません。
40歳は目の老化の始まり、まさに曲がり角です。老眼がこの頃より始まる事は皆さまご存じと思いますが、よく耳にする〝白内障や緑内障〟はまだまだ他人事という方がほとんどだと思います。
実は、お年寄りの病気と思われている白内障は40代から進行が始まり、60代で70~80%、80歳以上では100%の方が治療の必要なレベルとなります。中高年失明原因第一位の緑内障は、40歳以上で20人に1人(70歳以上では10人に1人)が罹患します。ゆっくり進行するこれらの疾患は、自覚症状が乏しいことが怖いところです。症状の有無に関わらず、まだまだお若い方でも是非一度健診をお受けください。早期発見・治療で、皆様の大切な目を守りましょう。

主な診療内容

白内障、緑内障、神経乳頭陥凹拡大、糖尿病網膜症、高血圧網膜症、網膜動脈硬化症、網膜静脈閉塞症、網膜中心動脈閉塞症、加齢黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔、飛蚊症、光視症、後部硝子体剥離、網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、中心性網膜炎、網膜色素変性症、斜視、スマホ内斜視、動眼神経麻痺、外転神経麻痺、滑車神経麻痺、弱視、色覚異常、ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)、さかまつげ(内反症)、眼瞼下垂、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、花粉症、結膜炎、アレルギー性結膜炎、流行性角結膜炎(はやり目)、強膜炎、翼状片、結膜下出血、ドライアイ、眼精疲労、VDT症候群、老視、角膜潰瘍、角膜びらん、細菌性角膜炎、 ぶどう膜炎

小児眼科

小児眼科| 沖津眼科クリニック

予約制で弱視・斜視・近視専門外来を設置しています

お子様の近視・斜視・弱視についての診断、治療のアドバイスを専門に行っております。幼児は視力0.2あれば不自由なく日常生活を送ります。一番身近なご両親でも、お子様が見えていないことにまず気づけません。片眼の視力が良ければなおさらです。
弱視は、50人に1人の確率と言われています。早期発見・治療を行えば、4歳までの治療開始で95%治癒しますが、逆に8歳を過ぎると治療がとても難しくなります。適切な治療で多くの子ども達が治るのに・・・〝大人になってからでは手遅れ〟そして〝その事実を知らない〟ということが最大の問題です。
また現在、タブレット学習などの普及により、小学生でも3人に1人が近視・・・この35年間で約3倍の増加です。ご両親の世代とは環境が異なり、近視進行の低年齢化、スマホ老眼、眼精疲労といった今までは大人の病気だったものや、スマホ内斜視といった新しい病気の概念が出てきています。〝子どもが定期健診なんて〟と思うかもしれませんが、子ども達はなかなか自分では症状を訴えません。大切なお子様へ今一度目を向けて頂き、見える未来を守っていきましょう。

その他、小児関連の眼科疾患
色覚異常 沖津眼科クリニック

お子様の目のトラブルは、近視や斜視弱視以外にも様々です。代表的なものとして、男子の20人に1人、女子の500人に1人の確率でみられる色覚異常。特に男の子で頻度が高いですが、2004年よりプライバシーを配慮して学校健診で検査されなくなりました。しかし昨今、将来のために復活させるべきという考えが主流になっています。色覚異常は色が分からない病気というわけではなく、ほとんど不自由ありません。しかし、信号を間違えやすい、焼き肉の焼き加減、野菜の傷み具合が分かりにくい等の日常生活上の問題、さらに進路選択等で多少の制限が生じるのは事実で、就職試験で初めて知り、夢を諦めざるを得なくなったケースも散見されます。自分自身の色の見え方を知っておくためにも検査は必要です。生活のアドバイス等もお尋ねください。その他、ストレスによる心因性視覚障害、コンタクトレンズ関連疾患、デジタルデバイス(スマホやタブレット、パソコン等)関連のトラブル等、非常に増えています。お子様の目の健康のため、気になることは、何でもご相談ください!

色覚異常 沖津眼科クリニック

小さなお子様の検査はどうするの?

屈折検査(スポットビジョンスクリーナー)

ピヨピヨ鳴き声がするよ〟離れた場所から数秒で検査可能なのでお子様が嫌がりません!赤ちゃんからでも弱視チェックできる最新の機械で検査します。

弱視専⾨外来| 沖津眼科クリニック

視力検査

うさちゃんのおめめはどこ?〟〝ドーナツ食べたのだあれ?〟1~2歳だってちゃんと視力は測れるんです。絵指標検査、字ひとつ検査、そして大人と同じ検査へと・・・年齢に応じて行います。

弱視専⾨外来| 沖津眼科クリニック

眼位検査

〝まっすぐ見ててね〟斜視の有無、角度を測って程度を評価します。

弱視専⾨外来| 沖津眼科クリニック

立体視検査

〝飛び出しているピカチュウを探せ〟色々な図形が飛び出しています。斜視や弱視の治療評価に大切な立体視(物の奥行き・立体感)を、遊び感覚で検査します。

弱視専⾨外来| 沖津眼科クリニック

色覚検査

色覚異常(通称:色盲)は、日本人男子の20人に1人と決して珍しいものではなく、個性のひとつです。ただ、日常生活・職業選択上で、しばしば注意すべき場面があります。まずは自分の状態を知り、うまく付き 合っていくことをお勧めしています。

弱視専⾨外来| 沖津眼科クリニック

お子様の年齢や性格によって出来る検査の種類は様々です。勿論、赤ちゃんに自分で答えてもらう視力検査は無理ですが、反応によっておおまかな視力を推定したり、機械で目の屈折異常や斜視の有無などを測ることが出来るよう日々進歩しています。〝まだこんな小さい子じゃ分からないよ〟と他院で言われてきちんと診てくれなかった…と受診される方も少なからずいらっしゃいます。幼くてもまず出来る範囲の検査を行い、最初は出来なくても何度か練習していき、早く出来る検査を増やす事が大切。それが早期発見・治療につながる第一歩と考えています。まずは健診のつもりでお気軽にご相談ください。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ| 沖津眼科クリニック

知っていますか?コンタクトレンズは〝医療機器〟

気軽に使えるようになったコンタクトレンズですが、忘れてはいけないのは〝医療機器〟だということです。2005年の薬事法改正により、コンタクトレンズは人工呼吸器や透析器などと同様の人体へのリスクが高い〝高度管理医療機器〟に位置づけられました。「ネットで安く買えた!」など耳にしますが、本来どんな種類でも、眼科医が処方する事が法律で定められています。正しく使用せず、失明に至ったケースも報告されています。コンタクトレンズは〝目に直接つけるもの〟。便利な分、それだけリスクもある事をお忘れなく。必ず診察を受けた上で正しいレンズを選択し、定期健診を欠かさず行っていきましょう。
当院では、おひとりおひとりのライフスタイルやご希望をお聞きし、最適なレンズをお選び致します。はじめてのレンズ選びは勿論、ファッションとしてのお洒落なサークル/カラーコンタクトレンズ、40代からエイジングケアとしての大人コンタクトレンズ(遠近両用)、その他ニーズに合わせてご相談に応じています。専門医による安心安全な処方とアドバイスで、快適なコンタクトライフをお送りください。

診療時間

一般眼科
8:30〜12:30
14:30〜18:00
小児眼科
8:30〜12:30 × × ×
14:30〜18:00 × ×

:土曜は8:30〜11:30まで
:土曜の小児眼科は月2回程度
休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日
※小児眼科(弱視・斜視・近視)外来は月曜午後、金曜、土曜に開設しています。
※その他の曜日をご希望の方はお手数ですが、お電話でご相談ください。
※お子様は検査や診察にお時間がかかりますので、しっかり診させて頂くため原則予約制としております。

お電話

ネット予約

トップページへ